LED発電を利用したトランジスタ検波傘ラジオ

光を当てたLED:定電流領域で用いる:能動負荷として働く

TOP 初級編 中級編 上級編に戻る 理論検証編 工学教育編 製作情報編 イベント編 リンク編 資料編 番外編

ゲルマニウムダイオードを外して、代わりにトランジスタ1個とLED1個を追加すると、とてもよく聞こえるラジオになります。 その意味で、傘ラジオが良く聞こえない地域の方に試していただきたいと思っております。 構造的にはゲルマラジオに次ぐシンプルさを持った面白ラジオです。

ここに示した回路は,当ホームページでは新しいものではなく、 旧傘ラジオホームページ内にある、 LED検波ラジオの説明の後半で、すでに紹介したものです。 公開したのが2007年と古いので、人の目に留まらない位置に押し出された形になっているので、掘り起こした次第です。

そこでは、 このような回路図(←クリック)で表現していましたが、 それをシンプルに見えるように書き直したのが右の回路図です。

この回路は、トランジスタをコレクタ接地にして検波に用いた回路です。エミッタ抵抗だったところを、定電流源による能動負荷に置き換え、その定電流源には光を当てたLEDを採用しています。

この回路では、トランジスタのエミッタ・コレクタ間電圧がベース・エミッタ間の順方向電圧以上になることは無いため、LEDに光を当てたときは定電流領域でしか動作しません。

LED4駆動トラ検ラジオ(クリックで拡大)

LEDがいくら超高輝度でも1個だけでは発電電流が小さく、外の直射日光が当たるところでなければよく聞こえません。 そのような時は、ここに示すようにLEDを並列につないで電流を増やせば良いのです。 これなら曇り空でもなんとかなります。

トラ検ラジオブレボ(クリックで拡大)

実際に作ったものがこれです。目玉クリップに小さなブレッドボードをネジ止めして、その上で配線しました。

この実験に使ったLEDは次の通りです。

LED8駆動トラ検ラジオ(クリックで拡大)

LED8駆動ブレボ(クリックで拡大)

更に奮発して、8個並べますと、室内の蛍光灯でもかろうじて聞こえるようになってきます。